閑話休題

気ままな日常&詩です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第七話 視点「一葉」

書いてたら大量に書けたので、サクッと掲載してみる。
物語が先に進まないよ・・まぁ、○○が出てきたけどさ~

んでは、どぞ。


登場人物&名前募集中です~お気軽にどうぞ。
現在の登場人物(候補を含む

魎   中学生、男(13才 名字未定
望月一葉  中学生、女(13才
黒猫  野良猫 ルシフェル ♂
湊 お気楽キャラ&頭良し(14~18才(?)、男
不思議ちゃん(詳細未定
有紀 中学生、女(口がやや悪い、一葉の親友。
真二 中学生、男(正義感が強い?&関西弁風

一葉「確か魎の家は・・」

駅に着くとそのまま電車に飛び乗る。電車に揺られながらどうするのか考え込んだ。

一葉「・・有紀なら相談できないかな?」

情けない話だけど、私一人じゃ手に負えない。慌てて飛び出したけど・・何も考えてない。
有紀なら・・冷静に答えてくれる。そんな気がしてメールを送る。

メール 一葉「有紀、助けて!!」
メール 有紀「何事?」
メール 一葉「魎が居なくなったの。」
メール 有紀「状況がわからない、電話できる状況なら電話して。」
メール 一葉「うん。」
メール 有紀「電話掛けれないならその間に話をまとめておいて。」

やり取りをしている間に魎が普段使っている最寄り駅で降りる。
そこは見知らぬ街。電車から降りるとそのまま有紀に電話を掛ける。

一葉「もしもし?」
有紀「で、何があったの?」
一葉「魎がどっか行っちゃって・・それで。」
有紀「一葉は何処にいるの。家じゃ無いみたいだけど?」
一葉「えっと・・「久木駅」。魎が普段使ってる駅なんだけど・・」
有紀「・・少し待って。」

有紀が呆れたようにため息を吐くのが聞こえた。

有紀「・・状況を整理するけど、魎が行方不明で、何故かそれをアンタが探してるのね?」
一葉「うん、とりあえず駅までは来たんだけど。」
有紀「他に情報は?」
一葉「えっと、橋!!」
有紀「・・橋ね、駅から北に川が流れてるけどそこの橋の事?」
一葉「北ってどっち!?」
有紀「落ち着きな、橋の名前とかは解らないの?」
一葉「・・解らない、かなり静かな場所だと思うんだけど。」
有紀「危ないから家に帰る事を勧めるね。」
一葉「何で?」
有紀「時間を考えなよ、静かな場所って事はそれだけ人通りが少ないんだよ?変な奴が居ないとも限らないし、まず第一にあんな奴の為にそこまで必死になってる意味が解らない。」
一葉「・・ん。」
有紀「・・好きなの?」
一葉「そんなんじゃ・・」
有紀「どっちにしても、一葉が探す必要性が無い。」

有紀の言葉は正論なんだろう。私が一人で慌ててるだけ。だけど、やっぱり心配なんだ。
私と魎が一緒に居るのを有紀はあまり快くは思っていないのも知ってるし・・

一葉「・・でも。」
有紀「行方不明になったのなら警察にでも連絡すれば良い。一葉、家に帰るように。」

私の声から落ち着いたと判断したのだろう、有紀が少しだけほっとしたような声を出す。
私だって・・何も解らない子供じゃ無い。それが最善だと理解してるんだけど・・

一葉「少しだけ探してから・・帰るね。」
有紀「・・そ、じゃあ家に帰ったらメールでも頂戴。後、夜更かししたからって明日の朝遅刻しないようにね。」

通話が切れる直前、「困ったやつ。」とぼやいているのが聞こえた。
明日の朝会ったら・・嫌味を言われるだろうな。
駅の案内板で方角を確認、とりあえず川に当たるまで行ってみよう。五分も歩かないうちに川には出たのだけど・・

一葉「車は普通に通ってるし・・この下じゃないよね?」

街灯が煌々と灯り、車も多くは無いが通ってる。左右を見渡してみると川辺に下りる階段を見つけたのでとりあえず降りてみる。
暗くて良く見えないけど、誰も居ない。川に沿うように遊歩道が設けられている。
スポンサーサイト
  1. 2007/11/22(木) 22:19:03|
  2. 雑文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<第八話 視点「一葉」 | ホーム | コメレス~>>

コメント

わーい。今日は2コ更新ですね♪
一葉ちゃん可愛いです。
でも何も分からないトコで探し始めて大丈夫かなぁ・・・?
夜遅いのに・・・
有紀ちゃんは気が強そう。
そういうきっぱりしてる人も嫌いじゃないですけどね。
  1. 2007/11/22(木) 23:14:02 |
  2. URL |
  3. 姫 #qfe1dUzA
  4. [ 編集]

うーあー。
超モデルっぽい人思い浮かんじゃったんだけど。
有紀、冷静だなー。
まぁ、それが普通の反応っぽいけどさ。
よく知らないクラスメートより、親友の方が大事だもんなー。
それに、時間も時間だしねw
一葉が危険なめにあわないことを願うのみ。
  1. 2007/11/22(木) 23:22:16 |
  2. URL |
  3. 龍磨 #-
  4. [ 編集]

きたひめ。
意見対立するねー^^

有 紀 だ ろ う こ こ は 。

>まず第一にあんな奴の為にそこまで必死になってる意味が解らない

かっこいいです姉御。
中一?とかやったら一葉みたいなので当たり前なんだろうけど。

ってか誰かさんに突き飛ばされて?
白馬の王子様に助けられた(話をねじ曲げすぎ?気のせい気のせい。
って書いてあったからもっと可愛らしい人(ryかと思ってたよ。吃驚した。
  1. 2007/11/22(木) 23:33:27 |
  2. URL |
  3. 須世莉 #u2lyCPR2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tasogareno.blog115.fc2.com/tb.php/169-b3f061e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

九字兼定

Author:九字兼定


詳しくは自己紹介を参照してくださいな。

日記、詩を中心です。
コメントは何でも良いのでどんどん下さい!
気付き次第、暴走気味に返答させていただきますので!(ウザイな
では~w

あ、リンク等はフリーで!!w

追記~
こんな変人の友人になってやっても良いぞ?という方はコメントに「友人希望」とで書いてくださいな。
こちらの勝手な判断によって、私のアドレスが解るかも!
はい、誰も要りませんよね(泣

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。