閑話休題

気ままな日常&詩です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第十四話 視点「一葉」

・・むぅ

登場人物募集締め切り~
登場キャラ&候補

遠野 魎(とおの りょう)  中学生、男(13才 

望月 一葉(もちづき かずは)  中学生、女(13才

黒猫  野良猫 ルシフェル ♂

湊(みなと) お気楽キャラ&頭良し関西人(14~18才(?)、男

結城 有紀(ゆうき ゆうき) 中学生、女(口がやや悪い、一葉の親友。

真二(しんじ) 中学生、男(正義感が強い?&関西弁風

古凪 神野華(このなぎ かのか)  女(13歳 不思議にねじくれた性格の問題児

古凪 裕也(このなぎ ゆうや)    男(17歳  バイトに忙しい神野華の兄。 温厚な性格だがその突っ込みはドライアイスの如く

式村 薫(しきむら かおる)   女(年齢不明 天然、方向音痴、名前のわりにシスター、しかし意外なところでしっかりしている。 様々な人に助言をしたり、導いている。

クライスト・ハーレイ  男(外見年齢35歳前後 実年齢74歳のハイパーおじーちゃん もちろん金髪碧眼にマントで登場

遠野 和弥(とおの かずや)  男(18歳 魎の兄、お調子者だが、変なところは真面目。年齢以上の年に見られることが多い。現在高校2年・・留年中。

颯己(さつき) 詳細未定~



一葉「・・笑ってる魎って想像しにくい。」

そのまま居間へと移動する。

一葉「面白いお兄さんだね。」
魎「何を聞いたか知らないけど・・さっき家に電話したら、一葉から折り返しで電話が欲しいとさ。」
一葉「家に電話・・ぇ、私の家!?」
魎「声がでかい、時間を考えろ。」
一葉「何で、どうして?魎が私の家の電話番号知ってるのさ?」
魎「連絡網見れば一発で解るだろうが。とにかく電話掛けとけよ。」

・・魎が私の家に電話した。
色々な意味で怖い事になってそう。一応「女の子」しかも「未成年」で、家を出るときには「すぐに帰るとか言って「男」から電話が掛かってきて・・確実に嘘はバレてる訳だし~・・

一葉「・・まぁ、掛けなきゃマズイよね。」

まとめて手に持っていた服の中から携帯を取り出し、家に電話を掛ける。
・・どうか、お父さんが出ませんように。
コール音が何度かして、繋がった。

一葉「もしもし~・・」
望月(母)「その声は、一葉ね?」
一葉「セーフ、お母さんだ。」
望月(母)「セーフじゃ無いわよ、まったく。結城ちゃんの方にも電話しておきなさいよ?」
一葉「・・ぇ、何で?」
望月(母)「ちょっと前に、結城ちゃんから電話が掛かって来たのよ。心配してたみたいだから、遠野君の家に泊めてもらう事になってるって教えてあげたのよ。そうしたら、お父さん誤魔化すのに、「私の家に泊まってるとでも言ってください」ってさ。お陰でなんとか誤魔化せたんだからね~気が利く良い子よね~」

ちょっと待って。それってつまり・・お母さんが迎えに来るとかそんなのは一切無くて・・魎の家に泊めてもらえって事!?しかも、言い訳までバッチリ!?

一葉「え~っと・・つまり?」
望月(母)「だから、朝帰りでも問題無いわよ~若者らしく楽しみなさい。」
一葉「いや、でもほら、魎は男だし・・その、私は女で~・・」
望月(母)「くすくすくす~その話は帰ってきたら詳しく聞かせてもらうからね?」
一葉「普通、親ってそういうの叱るんじゃないの?」
望月(母)「大丈夫よ、その辺、お母さんは理解有るから。とうとう一葉もそういう年頃にねぇ~」

どうしよう?お母さんは完全に誤解してるって言うか、誤解じゃ無いのかもしれないけど、いやでも、心の準備とかほら~・・それにあぅあぅ~!!
娘が電話越しで混乱してるというのに、お母さんは容赦なく言葉を続けてる。

望月(母)「それにしても、魎くん、礼儀正しい上に優しいのね~良い男捕まえたわね。さすが私の娘。」
一葉「・・泊まっても、良いの?」
望月(母)「もちろん、ちゃんと居場所は特定できてるし、どういう子かは一回しか話をしてないけど大丈夫そうだもの。」
一葉「・・・うん。」
望月(母)「どうしても、って言うなら迎えに行っても良いけど・・まぁ、アンタの好きなようにしなさい。ちなみに、明日も泊まるとか言うのは禁止。明日の夕食までには一回帰ってきなさい。」
一葉「解った、じゃあ今日は、魎の家に泊めてもらうね。」
望月(母)「何かあれば、夜中でも気にせず電話しなさいね。」
一葉「大丈夫だと思う。」

とりあえず、通話を切って今度は有紀に電話をかけようとして時計に眼を向ける。
12時過ぎ・・寝てる時間だよね?
電話で起こしてしまうのも悪いので、メールを送ると・・折り返しのように電話が掛かってきた。
スポンサーサイト
  1. 2007/11/29(木) 19:31:10|
  2. 雑文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ささやかな瞬間が、私の心を暖めてく、そんな時間がずっとずっと続けば良い・・ | ホーム | 悲しい顔で俯いた「私は一人で生きるの。」>>

コメント

わー・・・手回しばっちりですね(笑)
ってかおかーさん「結城『ちゃん』」ですか・・・(微笑)

颯己のキャラまだ未定なら、魎より年下のとにかく大人しい奴がいいな。
魎とは、るっしー通して夜に出会ったけど実は湊の弟だった、みたいな。
破天荒で友達が多い兄を持って自分に自信を持てないようなタイプ。


でも今すごい人物多くなってるからねー。できたらでいいけど。
  1. 2007/11/29(木) 20:09:48 |
  2. URL |
  3. 須世莉 #u2lyCPR2
  4. [ 編集]

そしてまた収集つかなくなるのか…

前作のハンドの雷3種なんだっけなぁ…
  1. 2007/11/29(木) 23:45:29 |
  2. URL |
  3. 清深緑 #se57KKPw
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tasogareno.blog115.fc2.com/tb.php/182-0e9fcb44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

九字兼定

Author:九字兼定


詳しくは自己紹介を参照してくださいな。

日記、詩を中心です。
コメントは何でも良いのでどんどん下さい!
気付き次第、暴走気味に返答させていただきますので!(ウザイな
では~w

あ、リンク等はフリーで!!w

追記~
こんな変人の友人になってやっても良いぞ?という方はコメントに「友人希望」とで書いてくださいな。
こちらの勝手な判断によって、私のアドレスが解るかも!
はい、誰も要りませんよね(泣

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。