閑話休題

気ままな日常&詩です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第二十八話 視点「魎」

登場キャラ

遠野 魎(とおの りょう)  中学生、男(13才 

望月 一葉(もちづき かずは)  中学生、女(13才

黒猫  野良猫 ルシフェル ♂

湊(みなと) お気楽キャラ&頭良し関西人(14才(?)、男

結城 有紀(ゆうき ゆうき) 中学生、女(口がやや悪い、行動が独特。一葉の親友。

九条 真二(くじょう しんじ) 中学生、男(正義感が強い?

古凪 神野華(このなぎ かのか)  女(13歳 不思議にねじくれた性格の問題児

古凪 裕也(このなぎ ゆうや)    男(17歳  バイトに忙しい神野華の兄。 温厚な性格だがその突っ込みはドライアイスの如く

式村 薫(しきむら かおる)   女(年齢不明 天然、方向音痴、名前のわりにシスター、しかし意外なところでしっかりしている。 様々な人に助言をしたり、導いている。

クライスト・ハーレイ  男(外見年齢35歳前後 実年齢74歳のハイパーおじーちゃん もちろん金髪碧眼にマントで登場

遠野 和弥(とおの かずや)  男(18歳 魎の兄、お調子者だが、変なところは真面目。年齢以上の年に見られることが多い。現在高校2年・・留年中。

颯己(さつき) 年下、男



なんか知らんが、随分と荒れてるな。
九条の奴の言ってることは正論だとは思うんだが、押し付けっぽくて拒否したくなる。
ま、俺の場合は九条が嫌いだから拒否したくなる訳なのだが。
結城は・・理由があるような気がする。

一葉「ほら魎、行くよ!」
魎「あ・・結局何を見るんだ?」
神野華「ふっふ~ん、ホラーモノだよ。」
湊「デートの定番のようなチョイス、これは進展あるかもな嬉し恥ずかしのイベントが!?」
神野華「あ、湊は九条と遠野の間ね~」
湊「そな!?殺生なこと言わんといて~・・」
一葉「で、九条君が神野華の隣で魎が私の隣ね。」
魎「・・俺は端の席に座りたい。」
湊「よっしゃ、ワイと交代や!!」
一葉「え・・」
湊「そない、露骨に嫌な顔せんでもええやん~!!」
一葉「してないよ!」
神野華「むむ?前から怪しいと思ってたけどやっぱり一葉って遠野・・もとい、魎が好きなの?」

・・・にぎやかな奴らだ。
単純に、ヒトが多い場所が苦手だから通路側に行きたかっただけなんだけど。
チケットを買って、映画館に入り最前列に陣取った神野華と湊に続いて座っていく。
結局、俺の隣には一葉が座ってるのだが・・

一葉「何で諦めたような顔してるのさ。」
魎「・・・あ~映画が始まった、見よう、見よう。」
一葉「すっごい棒読み・・」

映画が中盤に入りホラー物っぽくなってきた。

一葉「うわ・・エグッ。」
神野華「まだまだ~序の口、序の口~」
湊「静かに見んかい。」
神野華「湊、うっさい。」
信二「・・やっぱり音や雰囲気で変わるな。」

様々な感想を言って・・・

魎「ッ・・」

ある場面、それを見た。見てしまった。
思い出してしまった。

魎「・・・・」
一葉「魎?」
魎「・・トイレだ、気にするな。」

暗がりのお陰で表情までは見えていないはず。
足音を忍ばせてそのまま映画館を出る。

魎「・・油断してたな。大丈夫だと思ったんだが。」

情けない話だが声が震えてる。・・未だに引き摺ってるのか、俺は。
映画館の外、雑踏をしばらく眺めていたが戻る気にもならない。自動販売機でオレンジジュースとコーヒーを買い、ベンチに座る。

魎「ほらよ。」
有紀「・・ん。」

差し出すと視線も動かさずに受け取った。俺が隣に座った事を気づいていたらしい。
コーヒーを飲みながらぼんやりと空を見上げる。

魎「後、一時間ちょっとか。」
有紀「そ。」
魎「別に返事を求めてないぞ?」
有紀「・・・」

ぱたん。
結城が本を閉じた。

有紀「・・オレンジよりりんごの方が好き。」
魎「結城の好みなんて知るか。」
有紀「知っていたら怖いわ。」

・・・何が言いたいんだ。

有紀「・・聞くよ?」
魎「・・・は?」

唐突な・・日本語は正しく使ってほしいとか、余計なことを考えていると顔に出ていたらしい。

有紀「補足、暇だから話したいことがあるなら聞いてあげる。これで解った?」
魎「・・変な奴。」
有紀「お互い様よ。」
魎「残酷な動画は苦手なんだよ。」
有紀「言い訳としては最低。」
魎「・・・やれやれ。」
有紀「くすくす。」
魎「言いたくないんだよ。」
有紀「一葉に聞かれたときの言い訳でも考えておきなさい。」
魎「何で命令口調なんだよ。」
有紀「さぁ?」

「ありがとう」と、心の中でだけ礼を言っておく。
とりあえず、映画を見て不安定になっていた部分は落ち着いた。
ある特定の映像、場面。俺にとって禁忌といっても過言じゃないモノ。
・・・せっかく気を使ってもらったのに思い出してどうする。
軽く頭を振って残っているコーヒーを飲み干した。
スポンサーサイト
  1. 2008/02/24(日) 19:55:16|
  2. 雑文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<子供が・・できた? | ホーム | 形ある記憶>>

コメント

うぉー!
過去!過去が出てきたよ!?
つか、この組み合わせなのにホラーってw
グループデートっぽかったのにー。
  1. 2008/02/24(日) 20:57:12 |
  2. URL |
  3. 龍磨 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tasogareno.blog115.fc2.com/tb.php/262-df1e57d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

九字兼定

Author:九字兼定


詳しくは自己紹介を参照してくださいな。

日記、詩を中心です。
コメントは何でも良いのでどんどん下さい!
気付き次第、暴走気味に返答させていただきますので!(ウザイな
では~w

あ、リンク等はフリーで!!w

追記~
こんな変人の友人になってやっても良いぞ?という方はコメントに「友人希望」とで書いてくださいな。
こちらの勝手な判断によって、私のアドレスが解るかも!
はい、誰も要りませんよね(泣

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。