閑話休題

気ままな日常&詩です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

灯りを眺め・・過去を重ねる

大切なモノを失った。
何を失ったんだろう?
解らない。
心に残っているのは、傷跡と溢れていく憎悪。
「何で・・私だけ?」
そんな想いを抱いていたんだ。
当たり前の日常、
失う事なんて考えた事も無かった。
それを・・失った。

簡単に壊れる世界。
理不尽な痛み。
悪意に嘲笑を向け、
善意に憎悪を突き立てた。
解らない、解らない。
誰を傷付けている?
誰が泣いている?
嗤いながら、私は・・泣いていた。
「助けて。」
ずっと・・心は叫んでた。

壊れた視界、
どれだけ、貴女に刃を突き立てた?
お願いします、お願いします。
貴女を傷付けた事を・・恨んでください。
お願いします、
私を・・傷付けて。
怖いよ・・
貴女を大切に想ってしまう事が。
お願いします、お願いします。
私に笑顔を向けないで・・
私を、赦さないで・・

私は、終わりを探す。
慈悲も哀れみも無い、
私の罪を罰へと変えてくれる終わりを。
貴女の、優しさが痛いんだ。
傷付けたのに・・
どうして、私を受け入れてくれるの?
どうして、私に笑顔を向けてくれるの?
どうして?
私は・・
貴女の隣に居る資格なんて無いのに。


暗い詩ばっかりw
ま、最近明るい話ばっかりだったし、良いか。
救いが欲しくて、救いを得ると、救いが怖くなる。

・・・やれやれ。

所詮、浮世の夕立。
降り止むまで、寄り添うよ。
一人は寂しいから。
スポンサーサイト
  1. 2007/09/04(火) 15:53:44|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:8
<<バトンだにゃ・・・ | ホーム | タイトルなし>>

コメント

ふむ。

ゲームをしましょう。

わたくしの言葉をよくお聞きなさい。
魂で聞くのです。

あなたが「罪」だと思っている事は、「罪」ではありません。
「ただのかすり傷」です。

思い出してご覧なさい。
あなたは今までに何度かすり傷を負いましたか?
その度に、すぐにその傷は癒えて、跡形もなく消えましたね。

「何も知らないくせに!」と、わたくしを怒りますか?
そうです。
わたくしは何も知らない。

それでも、なお、こう言います。
それは「罪」ではない、と。

あなたが「罪」だと思う事が、新たな刃を生み出すのです。
それは、必要のない刃です。
必要のない血を流すのです。

さあ、もうその刃を手放しなさい。
わたくしがその刃を引き受けましょう。
さあ、こちらへ。
もうあなたには必要のないものです。
血で汚れた刃をわたくしがきれいにして、また戻してあげましょう。

こわがらなくてもいいのです。
必要のない血を流せば、その臭いを嗅ぎ付けて、余計なものが寄ってくる。
だからあなたはまたその刃を使ってしまう。

そんなものがなくても、あなたは十分強い。
さあ。

罪も罰もない。
そこにあるのは、愛。
血が目に入っては、よく見えないでしょう。
その刃を手放しなさい。
  1. 2007/09/04(火) 19:50:25 |
  2. URL |
  3. かながわ ゆきの #-
  4. [ 編集]

構わない。
全身を血で染めても、
心が壊れても。
私は刃を手放しはしない。
私は刃を手放すことができない。
血に濡れた刃は、
清める事もできない。
ただ、錆び朽ち果てるのを待つのみ。
私の世界は既に壊れてる。
壊れた心で握る刃は、
砕け散るだけ。
朽ち果てて/砕けて
初めて、その身を委ねることができるモノだから。
  1. 2007/09/04(火) 20:12:51 |
  2. URL |
  3. 魔弾 #OARS9n6I
  4. [ 編集]

ほほ。
強情だこと。
まあ、よい。
まあ、よい。

血に染まったそなたもまた一興。
美しいのう。
  1. 2007/09/04(火) 20:22:10 |
  2. URL |
  3. かながわ ゆきの #-
  4. [ 編集]

君が私を傷付けるなら喜んで傷を受ける。
君が私を傷付けて泣くのなら見守ろう。
君が血を染まるのなら、私は君を染める血を出そう。
君と言う刃が朽ちていくのなら、私は朽ちた君を抱く地になろう。
君が砕け散るのなら、その破片をこの身に宿そう。

君につけられた傷は、私にとっては絆。
君の涙は、私にとっては信。
君の身体を染るのは、私にとっては契約。
君を抱くのは、私にとって幸福。
君を宿すのは、私の望み。


厄介な女に引っ掛かったと思って、諦めな。
親愛なる、私の魔弾へ
  1. 2007/09/04(火) 21:49:27 |
  2. URL |
  3. 月 #JXoSs/ZU
  4. [ 編集]

なんと。まあ。

美しい空の月の君が。
ご光臨ぞ。

美しや。
美しや。

イイモノを見せてもらいました。

ほほ。
女の懐の深さ。
お分かりになりますかな。

血にまみれた刃が輝いていますね。
喜んでいるのです。
今宵も月は美しい。
月を抱いて眠るがよい。
その刃に月が写っておるわ。
美しいのう。
  1. 2007/09/04(火) 22:50:07 |
  2. URL |
  3. かながわ ゆきの #-
  4. [ 編集]

皆、詩人だなぁ・・・・。
  1. 2007/09/04(火) 23:19:53 |
  2. URL |
  3. 龍磨 #-
  4. [ 編集]

【魔ノ月に佇む桜木に伝える葉は何も無く、桜花を散らすのみ】


ここに書けば、メールよりも効果はあるだろう?
逃げるな。
  1. 2007/09/05(水) 01:11:35 |
  2. URL |
  3. サクラ #-
  4. [ 編集]

かながわさんの書き方に惚れそうになったw

手に入れろ 虚構亡き傷を
何も壊れていない
誰も傷などつけていない
貴方のカタナはナマクラだ
貴方がつけた傷 つけられた傷
ソンナモノ
存在しやしない
真実の傷は
ついてしまう物なんていう
生易しいものではない
手に入れてくれよ
「幸福」という本物の痛みを
  1. 2007/09/05(水) 08:02:08 |
  2. URL |
  3. REIDOLL #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tasogareno.blog115.fc2.com/tb.php/66-78e077c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

九字兼定

Author:九字兼定


詳しくは自己紹介を参照してくださいな。

日記、詩を中心です。
コメントは何でも良いのでどんどん下さい!
気付き次第、暴走気味に返答させていただきますので!(ウザイな
では~w

あ、リンク等はフリーで!!w

追記~
こんな変人の友人になってやっても良いぞ?という方はコメントに「友人希望」とで書いてくださいな。
こちらの勝手な判断によって、私のアドレスが解るかも!
はい、誰も要りませんよね(泣

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。