閑話休題

気ままな日常&詩です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

騎士

遠く、国を背負い、刃を振るった者が居た。

彼の者は言う。
「ヒトを捨て、国の王となった。」
権力が欲しかったのではない。
名誉が欲しかった訳でもない。
彼の者は、
この地が好きだったから。
この地に住まう者達を護りたかったから。
国の王となった。
法を是とし、情を非とし、
ただ、ただ、国の為。

自身の心さえ、自身の幸せさえ捨てて・・
幼い頃に誓った、
「この街を、この国を護りたい。」
そんな言葉のみを友として、糧として、支えとして。
ただ、ただ理想の国の王として。

彼の王に仕えし一人の騎士は言う。
「王よ、貴方にはヒトの心が無いのか?」と。
彼の王は、ただ一言。
「王たる者、ヒトの心を持っては情が混じる。」
それは・・
本心なのだろうか?
彼の王は、この国に住まう誰よりも・・
心を砕いていたのに。

彼の王に向けられるのは畏敬。
ただ、一人として彼の王を理解しようとはしない。

彼の王とて、王である前に、一人のヒトで有ると言うのに・・
ただ孤独、ただ孤高に。
自分を殺し、全てを捧げ・・最後まで、貫き通した。
「・・ようやく、ヒトに戻る事ができる。」
彼の王は、最後にそう言い残し瞳を閉ざした。

ある人は言う。
「彼の王は幸せだったのだ」と。
ある者は言う。
「彼の王は、幸せなど望んでいなかった」と。
ある者は言う。
「彼の王は、ただ届かぬと気付かず理想のみを追っていたのだ」と。


ある者は言う。
「彼の王は・・幸せを知らなかったのだ」と。


っと・・長くなりましたけどw
貴方はどれだと思いますか?

彼の王は本当に・・
幸せだったのでしょうか?
幸せなど望んでいなかったのでしょうか?
理想を追っていただけなのでしょうか?


幸せを知らなかったのでしょうか?

正解は解らず、間違いも解らない問い。
言い換えれば、全て正しく、全てが間違っている。
そんな意味の無い問いかけです。
スポンサーサイト
  1. 2007/08/03(金) 19:51:05|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1
<<夕立を望む・・ | ホーム | お金の為に、一生懸命に働いてあげる・・・お願い、そんなに>>

コメント

彼の王は、届かないと気付きながら
ただ、理想を求めたのだ。

てか、アレでそ?
大部分元ネタじゃw
  1. 2007/08/04(土) 13:20:48 |
  2. URL |
  3. 兄さん #w2CpOaxM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tasogareno.blog115.fc2.com/tb.php/7-aa3970fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

九字兼定

Author:九字兼定


詳しくは自己紹介を参照してくださいな。

日記、詩を中心です。
コメントは何でも良いのでどんどん下さい!
気付き次第、暴走気味に返答させていただきますので!(ウザイな
では~w

あ、リンク等はフリーで!!w

追記~
こんな変人の友人になってやっても良いぞ?という方はコメントに「友人希望」とで書いてくださいな。
こちらの勝手な判断によって、私のアドレスが解るかも!
はい、誰も要りませんよね(泣

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。