閑話休題

気ままな日常&詩です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

捨てるモノ

「もう疲れた。」
私はそう呟いて、
手にしていたモノを投げ捨てようとした。
ずっと、
大切に持っていたモノ。
それは、
「剣」であり、
「盾」であり、
「傷」であり、
「意地」であり、
「誇り」であり、
「私自身」だった。
捨てればきっと楽になる。
知っている。
でも・・ずっと捨てられずに生きて来た。
壊れた身で、
重さに痛みを感じながらも捨てずに引き摺ってでも抱えていたモノ。
それを、
私は・・・・・・・
捨てられない。
苦痛に心が軋んで・・
血が溢れているのに・・
捨てたい。
捨てられない。
壊れた心が、
捨てる事をひたすらに拒み続けている。
・・壊れているのは、
心なんだろうか?
それとも・・
捨てようとしている、
「私」?
スポンサーサイト
  1. 2007/09/16(日) 21:49:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:5
<<It snows in the moon cherry blossoms. | ホーム | ネタが無いのは・・昼まで寝てたからじゃないからね?(誰に言い訳をしてるんだ?>>

コメント

どんどん好きなだけ書きなさい。
  1. 2007/09/16(日) 22:08:58 |
  2. URL |
  3. かながわ ゆきの #-
  4. [ 編集]

相変わらず、奥が深い詩だねぇ。
頭使っちゃうw
でも、嫌いじゃないんだよねー。
つか、むしろ好きw
グロく感じるかもだけど、中身は大切な事言ってると思うんだー、魔弾さんの詩ってさ。
  1. 2007/09/16(日) 22:38:59 |
  2. URL |
  3. 龍磨 #-
  4. [ 編集]

僕は
大切なモノを捨てた
それを手放さぬよう
しっかりと
握りしめていたはずなのに
僕は
それを自ら手放してしまった
特別な理由は、なかった
ただ、疲れて、手放した

何かを取り戻そうとして
僕の手はひとりでに動き続ける
虚無と孤独の中で
自ら捨てたものの重さを知った
この重さを知ったこと
それを感じ続けること
それだけが僕の贖罪となろう
  1. 2007/09/16(日) 23:13:10 |
  2. URL |
  3. lazy #-
  4. [ 編集]

いらない
なにも
いらない
誰かが呟いたから
私が拾った
いつか誰かが
欲しいと
呟く
その日まで
私は拾いつづける
どこかの貴方のために
  1. 2007/09/17(月) 10:40:01 |
  2. URL |
  3. REIDOLL #-
  4. [ 編集]

いま、わたくしの手元には「あるモノ」がある。

そなたがわたくしにくれたモノじゃ。

ほほ、ほ。

いずれ、時が来れば、そなたに返そうぞ。

それまでは、「ゆきの」の体に入れておく。
  1. 2007/09/17(月) 10:44:22 |
  2. URL |
  3. 龍淵 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tasogareno.blog115.fc2.com/tb.php/86-468b5075
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

九字兼定

Author:九字兼定


詳しくは自己紹介を参照してくださいな。

日記、詩を中心です。
コメントは何でも良いのでどんどん下さい!
気付き次第、暴走気味に返答させていただきますので!(ウザイな
では~w

あ、リンク等はフリーで!!w

追記~
こんな変人の友人になってやっても良いぞ?という方はコメントに「友人希望」とで書いてくださいな。
こちらの勝手な判断によって、私のアドレスが解るかも!
はい、誰も要りませんよね(泣

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。