閑話休題

気ままな日常&詩です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

・・・「悪」とはなんですか?

「京都府京田辺市で18日未明、娘(16)が警察官の父親(45)の首におのを振り下ろして殺害する衝撃的な事件が発生した。京都府警南署の巡査部長の妻(41)が「自宅で主人が自殺した」と119番。捜査員が駆けつけると、既に死亡した巡査部長を発見、返り血を浴びて立ちつくす専門学校2年の二女が殺害を認めたため、殺人容疑で逮捕した。「お父さんの交友関係が嫌だった」と供述している。」
また、末尾には、次のように記されている。「二女は中学の卒業文集で、将来の夢として漫画家などを挙げていた。山村の連続怪死事件を描いたゲームソフトで、コミック化もされた「ひぐらしのなく頃に」に登場する少女が、おのを使用する場面があり、ネット上では事件との関連を指摘する声が上がっている。」
サンスポの記事(2007年9月19日)より引用

この事件の報道について、私なりに憤りを感じたので・・


かなり私的な感情が混じっています。
正直な所、一般の方の理解を得られるとは思っていません。
でも、公正で有るべきマスメディアが一つの作品名を挙げて批判するという行為を許せますか?
なんでも理由をつければ正当になると思い込んでるのが腹立たしい。
「ひぐらしのなく頃に」の内容も知らないヒトが、単に「人気だからネタになるだろう」的な発想で記事にするなんて言語道断。
横暴も良い所だ。

名誉棄損で訴えても良いと思う。
残酷描写があれば全て悪?
ふざけてる。
善悪の区別を教えるのはそれこそ親の義務。
それを放棄して、他のモノに責任を押し付けるな。
大体、マスメディアって言うのは、「正確な情報を伝える事や、知識を得る」そういった目的の為にあるハズのモノ。
それが一方的に「悪」と決め付けるのは絶対に間違ってると思う。
某有名TV番組での虚偽報道の発覚などから何も学ばなかったのだろうか?
普段、「コレだから最近の若者は・・」と偉そうにTVで御託を並べている方々。
・・・本当に悪いのは「最近の若者」だけですか?
そんな「若者」が増えた理由は何処にある?
それを今一度良く考えて欲しいと切に願います。


「喧嘩をするのは悪い事。」一般的にはそう教える。
だけど、それは正しいのだろうか?
喧嘩をした事が無い、誰かに殴られたことが無いから加減が解らない。
何処で終わりにすれば良いのか知らず、殴られる痛みも知らない。
それで良いのか?
「喧嘩」をするのは確かに良い事とは言わない。
でも、「喧嘩」をしてでも譲ってはいけない事だってあるハズ。
「争いという愚かな行いの中でさえ、ヒトは美徳を学ぶ」
間違っていますか?
何かに理由を押し付けて、それで何かが解決する?
絶対にしない。
「何故それをしてはいけないのか。」それを学ばなければ意味は無い。
「悪」だと言うのであれば、何故それが「悪」なのか納得できる説明を付加するべきだと私は考えています。


以上、長々と失礼しました。
こんな所に書いた所で何かが変わるとは思えません。
でも・・書かずに居られなかった。
私の考えが「間違ってる」「ちょっと違うんじゃないか?」そう思う方は是非コメントをください。
私は考える為の材料が欲しい。
私の視野では偏っているかもしれない。
だから、反対意見こそ聞きたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2007/09/22(土) 02:50:22|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<静寂 | ホーム | 届かない場所をずっと見つめてる。願いを秘めた鳥の夢を・・>>

コメント

>「争いという愚かな行いの中でさえ、ヒトは美徳を学ぶ」

そうです。
そこにも、大きな学びがある。
人は、闇から学ばなければいけない。

大局からモノを見る。
そういう学びです。
これは、ある人には大変辛い学びです。
でも、誰にでも起こりうる事です。

私は、今回問題視されているいくつかの作品群を知らない。
でも、必要があって世に出たのです。
そこから何を学ぶか。
人それぞれ。
それでいい。

某作品があろうとなかろうと、いつもどこかで何かが起こっている。
それはどうして?
みんな、それぞれ自分で「選んでいる」。
誰のせいにする事もできない。

お若い方は、色々と思うところがあるでしょう。
混乱しないで下さい。
心を落ち着けて。
どうしても落ち着かないのなら、今は考えなくてもいいのです。
あとで、ゆっくり考えましょう。

「闇」を否定せずに、いろんな「闇」がある事を感じて下さい。
物事にはいろんな側面があります。
一つの面からしか物事を見ない。
それは危険です。
少しだけでもいい。
頭の片隅に覚えておいて下さい。

球体を思い浮かべて。
そこにはいくつの「面」があると思いますか?
数えられますか?
全てを同時に見る事ができますか?

本の1ページ目と100ページ目を同時に読む事ができますか?
でも、あなたは100ページ目があると知っている。
1ページ目で100ページ目を決めつける事はできない。

私は、今回の事件その他を推奨している訳ではない。
その辺もおくみ取り頂きたい。

私の独り言に付き合ってくれて、ありがとう。
もう少し、分かりやすく伝えられれば良かったんだけど。。。
伝わるように、と祈っています。

光も闇も、すべて、あなたに愛を送ってる。

今回の事で、もし心が落ち着かない、という人がいるのなら。
あなたが落ち着く場所はどこですか?
家族、友人、ペット、趣味。
そこで落ち着く時間を作って下さい。

  1. 2007/09/22(土) 07:10:19 |
  2. URL |
  3. かながわ ゆきの #-
  4. [ 編集]

斧じゃなくて鉈です!
  1. 2007/09/22(土) 18:50:56 |
  2. URL |
  3. レイン #-
  4. [ 編集]

私は「ひぐらし」知らないですけど、
自分が好きな作品がそんなふうに貶められるのは
絶対許せないことですよ。

少年犯罪が増えているのは
ゲームなどの残酷描写が原因の一端を担っている、
なんていう意見にも賛成できません。
  1. 2007/09/22(土) 20:49:38 |
  2. URL |
  3. 須世莉 #u2lyCPR2
  4. [ 編集]

「ひぐらし」使われたんだー・・・。
ウチも読んだ事は無いけど、確かに残酷描写はあるよね。
でも、それが原因とは言えないと思うよ。
そりゃ、ゲームや漫画が原因で少年犯罪が増えてるって言うけどさ。(高校で調べたんだよねー、少年犯罪。
それなら、そんな漫画やゲーム、全部廃棄処分してしまえばいいじゃん。
なのに、それすらもしない上に、漫画喫茶なるものまで作り出したわけでしょ?
世間の大人はさ。
やっぱ、おかしいと思うんだよね。
そんなのに影響されるような環境を作り出してるのには、少なくとも大人にも原因があると思うんだよ。
・・・・大人だけのせいとも言えないけどさ;

第一、今回の事件もさ、返り血あびてる娘がいて、首を落とされてる夫をみて、自殺したと通報した母もどーなんだろうって思うんだよね。
明らかに自殺じゃないだろ?
なのに、メディアは何も言わない・・・。
つか、漫画のせいにしてる。
どーなってるんだろーね、この世界。
ある意味、日本は平和じゃないのかもしれないな。
見えない何処かで狂ってるのかもしれない。

喧嘩だってさ、ウチはいいものだと思ってるんだよ。
でも、それは限度を知ってるからなのかもしれない。
限度を知らなければただの『悪』なのかもしれない。
でも、そんなことも教えなかった親達が悪い気がする。
最近はさ、親に殴られた事が無い子供って多いじゃん?
だから、おかしいまま育っていく。
それを正そうとした教師が非難を受ける。
・・・・・やっぱ、狂ってるのかな。
  1. 2007/09/22(土) 21:35:40 |
  2. URL |
  3. 龍磨 #-
  4. [ 編集]

狂いは幻想
闇なんて無い
悪はただ
そこにある行為を
悪と
他人が認識するだけ
私はべつに
その行為に憤りは感じない
それはもう、私にとっては
「よくあることで、自分がわかっていればそれでいい」
という
分かりきったことの
一つです
  1. 2007/09/24(月) 01:39:33 |
  2. URL |
  3. REIDOLL #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tasogareno.blog115.fc2.com/tb.php/93-9d1cb5c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

九字兼定

Author:九字兼定


詳しくは自己紹介を参照してくださいな。

日記、詩を中心です。
コメントは何でも良いのでどんどん下さい!
気付き次第、暴走気味に返答させていただきますので!(ウザイな
では~w

あ、リンク等はフリーで!!w

追記~
こんな変人の友人になってやっても良いぞ?という方はコメントに「友人希望」とで書いてくださいな。
こちらの勝手な判断によって、私のアドレスが解るかも!
はい、誰も要りませんよね(泣

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。